薬剤師転職サイト人気ランキング

同じ薬剤師でも、転職成功者と失敗者の違いは何か?

色々な違いがあるのですが、一番、大きな違いは薬剤師の転職・求人サイトの登録数です。年収が100万円、200万円とアップした薬剤師の90%が3社~5社に登録していたのに対し、転職を諦めた・・・多くの人は1社~2社にしか登録していなかったという結果がアンケート調査から判明しています。

3社~5社に登録した薬剤師さんが元々、転職に前向きだったということはあるでしょうが、それ以上に、多くの転職・求人サイトに登録することで、情報の価値や、担当者の良し悪しなど、数多くの薬剤師転職サイトに登録することで、転職成功への様々な条件が整うことが一番、大きな違いです。

なので、年収アップ、好待遇条件での転職をしたいなら、少しでも多くの転職求人サイトに、まずは<無料会員登録>しておくことがポイントです。

あとで、あの時、転職しておけば良かったと後悔するまえに!

今、出来ることから始めてみませんか?


1位

薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコム

業界トップクラスの求人数を誇るサイト「薬剤師転職ドットコム」。常時10,000件以上の最新求人情報あり。すべて無料で、「求人探し~キャリア相談~応募~面接~条件交渉・日程調整~入職の手続き」のサポートを受けられます。

また東証上場グループ企業ですので、「厳重な個人情報管理体制」や転職サポート体制も他社に比べて手厚いのが特長


2位

クラシスのヤクジョブ

クラシスのヤクジョブ.com

クラシスのコーディネーターは、薬剤師のことや薬局の現状などについて他の薬剤師転職サイトよりも詳しい。実は、これには秘密があります。クラシス株式会社は日本全国300店舗以上展開している『さくら薬局』を運営しているクラフト株式会社のグループ企業なんです。

だから薬剤師の立場を理解し、働く環境にも詳しいコーディネーターが数多く在籍。1.医療業界専門の紹介会社として16年の歴史と実績。足で稼いだ表に出ない薬局情報もバッチリ。

また専属コーディネーターとして条件交渉してくれます。常勤・非常勤問わず面接にも同行。さらに非公開求人含め、業界最多級の30,000の求人。非公開案件も多数。Pマークは取得済みで、更新の実績ありで安心。


3位

ヤクステ

ヤクステ

専属リクルーターがご希望のヒアリングから求人案件のご提案までをトータルに行います。マンツーマンの親身なコンサルティングが特徴。


4位

薬剤師ではたらこ

【ディップ】薬剤師ではたらこ

直接は聞きづらいことも、医療機関・薬局に確認、交渉してくれます。申し込みから転職決定、入職・入社後のフォローまで、費用は一切かかりません。 また転職活動を中止した場合にも、退会料をなし。

バイトルドットコムでおなじみ、上場企業(東証マザーズ)のディップが運営。 プライバシーマークも取得し、個人情報の管理も万全。

さらに『薬剤師ではたらこ』で転職を決めた方に、キャリアアップ支援金10万円プレゼントキャンペーン中!。

希望を伝えて、待つだけでOK! 求人情報を薬剤師ではたらこ担当者が探してくれます。<また応募・面接の日程調整や履歴書アドバイスなども、プロがしっかりサポートしてくれます。


5位

リクナビ薬剤師

【リクナビ薬剤師】

リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する「薬剤師専門」のサービスです。

「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院などの求人情報が豊富。選りすぐりの非公開求人には、リクルートグループでしか見つからない求人も多数!

ページ上部へ戻る