専門薬剤師と認定薬剤師そして管理薬剤師の違いってなに

薬

薬剤師の種類と仕事の違い

薬剤師とひとくちに言っても実は幾つかの種類があります。専門薬剤師と認定薬剤師そして管理薬剤師です。この3つの違いについてご紹介します。

今の時代は、医療機関なども進化してきていて、様々な病気があります。その中で、治療を行って行く上では、病気や科目により薬が違ってきますよね。日々の進化により、たくさんの薬品が開発され販売されています。

その結果、薬剤師も専門的な知識が必要になってきて、主に「専門薬剤師」と「認定薬剤師」の2つの分野があります。
特定の分野で専門的なスキルを積んだ人が一般的な薬剤師です。一般的には薬剤師さんとしか言わないので、初めて「専門・認定」という言葉を聞いたという人もいると思います。

業務はほぼ同じですが、専門薬剤師は学会や学術論文などの経験が必要になります。その後、専門薬剤師の資格を受けて試験に合格する必要があります。

認定薬剤師は薬剤師の資格をとって実務経験を5年以上行い、認定指導に必要な単位をとる必要があります。その後、認定指導を行っている病院などに3年以上勤める必要があります。

各専門によって違ってきますが、自分の得意分野を生かすことができる業務です。

今の時代は市販で薬を購入する事ができるようになり、病院へ行かなくても症状に合った薬を飲めば、治ると思っている人もいます。しかし、自分で判断して薬を飲むことで副作用などを引き起こしてしまう原因となります。また病院へ受診して処方される薬とは違って、個人が自分勝手に一般的なドラッグストアなどで購入する薬は効き目も違いますし、間違って違う薬を選び購入してしまうという恐れももあります。

例をあげますが、鼻水が出て風邪と思い風邪薬を購入して飲み続けてもならないと病院へ行った結果、アレルギーだったというケースも良くあります。

そのため出来るだけ自分で判断して薬を飲まないようにする必要があるのですが、中々病院に行けないひとも多いことでしょう。そんな時に役立つのが薬剤師さんです。

病院へ行くことで症状に合った薬を処方してもらうことができますが、疾患などがある場合には、飲み合わせなど気になりますよね?しかし、薬剤師さんに尋ねることができて、安心して薬を飲むことができるので、分からないことや不安な事はきちんと聞いてみるようにしましょう。

管理薬剤師とは

薬剤師と聞けば調剤薬局や病院などで薬を処方してくれる人と理解する事ができますが、管理薬剤師と聞くと何?って思う人も多いことでしょう。

私達が、病院へ受診すると薬が処方されますが、その処方されたクスリに基づいて薬局で薬を処方してくれる薬剤師さんがいます。

薬は悪いところを治療するためや悪化を防ぐために私達の強い味方になってくれます。
しかし、摂取方法を間違えてしまうことにより、体に大きな影響を与えてしまうものなのです。

薬を飲みながら健康を維持していくためには、きちんと自分が飲んでいる薬の効果などを把握する必要があります。薬を処方される時に、変わりはないですか?と薬剤師さんが訪ねてくれますが、その際に気になることなどはきちんと伝えるようにしましょう。

また、ジェネリック医薬品などがある場合には、どうするか選択を与えてくれるのも薬剤師さんの役割です。服用の指導はもちろんですが、サポートまで行ってくれるので安心して薬を服用する事ができます。

ドラックストアでも管理薬剤師が必要

今の時代はドラックストアなどでも薬を購入することができますが、薬を販売している店舗では、薬事法で1人は専門の知識を持っている薬剤師さんが必要です。責任者として管理が必要となる薬剤師のことを管理薬剤師と言います。

薬剤師の役割ですが、それぞれのシステムがあり、薬局や病院、ドラックストアなどで業務や形態が違いますが、簡単に説明すると、管理薬剤師はドラックストアに勤めている薬剤師のことです。1店舗に一人は必ず必要で、管理薬剤師は薬を販売している以上、開店から閉店までの時間業務をこなす必要があります。

お客さんが薬を買いに来た時に、きちんと薬の飲み方などを説明する必要があります。店舗で勤務している方の指導なども行う必要があります。
また、店長などの役割までが業務内容になっています。

もしも、管理薬剤師が不在な場合には、専門分野でない薬剤師でも管理をかわりにする事ができます。薬局などを開く場合には、経営者は一般の方でも、薬を販売するには、管理薬剤師が必ず必要になってきます。

更に管理薬剤師がいない場合には、薬局を開いても営業することができません。薬局などでの業務ですが、「医薬品の管理」「従業員などの監視や指導」が必要です。実際に医療関係などで管理薬剤師の人数は異なってきますが、大学病院など大きな病院では、薬局長の下で業務をこなして、将来的には薬局長を目指したいと考えている人も多いようです。

薬局だけでなく、製薬会社にも管理薬剤師の業務があります。この職場では、検品検査や公に申請するための書類を作成する業務となっています。この管理薬剤師の条件ですが、「3年以上の実務経験」が必要です。

薬剤師転職情報サイトおすすめ人気ランキング!!

薬剤師転職ドットコム

業界トップクラスの求人数を誇るサイト「薬剤師転職ドットコム」。常時10,000件以上の最新求人情報あり。

クラシスのヤクジョブ.com

クラシス株式会社は日本全国300店舗以上展開している『さくら薬局』を運営しているクラフト株式会社のグループ企業。だ業界最多級の30,000の求人。非公開案件も多数。Pマークは取得済みで、更新の実績ありで安心。

ヤクステ

専属リクルーターがご希望のヒアリングから求人案件のご提案までをトータルに行います。マンツーマンの親身なコンサルティングが特徴。

【ディップ】薬剤師ではたらこ

バイトルドットコムでおなじみ、上場企業(東証マザーズ)のディップが運営。

【リクナビ薬剤師】

リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する「薬剤師専門」のサービスです。リクルートグループでしか見つからない求人も多数!

あとで後悔する前に

年収150万円もアップした薬剤師転職成功テクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る